2018年1月13日土曜日

【フォスター】里親家庭・ファミリーホーム・養子縁組家庭 ~写真とことばでつむぐプロジェクト~
















里親家庭・ファミリーホーム・養子縁組家族の
写真展+トークイベント。
「写真と言葉でつむぐプロジェクト フォスター」
https://www.facebook.com/フォスター-1420933191275746/
プロジェクトメンバー
 江連麻紀(えづれ・まき)写真家

 白井千晶(しらい・ちあき)静岡大学教授
 齋藤麻紀子(さいとう・まきこ)NPO法人Umiのいえ代表 

写真家による撮影だけでなく、里親家庭からの写真も募集します。
食卓、子どもさんが写した里親さんの寝顔、大量の洗濯物、自立した子への差し入れ。。。
日々日常の写真をぜひ送ってください。全国を巡回したいと思っています。
パネル展示できる会場があったら、教えてください。
里親啓発イベントなど、講師招聘イベントがあったら、ぜひこのプロジェクトを使ってください。
写真に写ってくださった里親さんのトーク(やプロジェクトメンバーのトーク)+写真パネルのパッケージで出前します!
密着させていただいている里親さんは、全国あちこち。
プロジェクトのポスターとチラシの掲示や配布のご協力もいただけたら嬉しいです。
家族が続くように、撮影も継続させていただく予定。
会場での皆さんの書き込み、写真の応募など、皆さんにも参加していただいて、
コンセプトは「成長する写真展」、です!
facebookでの書き込みもお待ちしています。
注:
撮影は、お子さんやご家族の気持ちや状況を最優先に、児童相談所や親権者の方の承諾も得て進めています。また、お子さんの撮影にこだわらず、お子さんがカメラを持って日常を撮影するなど、みんなが参加できるようにしています。応募してくださった写真は、打ち合わせや確認なく勝手に使用することはありませんので、ご安心ください。「写真と言葉でつむぐ フォスター」プロジェクトメンバ


3/6~4/4 Umiのいえにて写真展
 

3月6日~4月4日まで約1ヶ月の常設展示。
お越しになった方は皆さん見ていただけます。
養子縁組、里親、ファミリーホームを知らなかった方も、知っていた方も、どなたにも見て感じてほしい!と思います。
【日時】2018年3月6日~4月4日
 お部屋いっぱいに展示していますので、お越しになった機会にご覧ください。
4月4日は、語呂あわせで「よ~し(養子)の日」。
展示最終日4月4日には、フォスタープロジェクトのメンバー3人で、素敵なクロージング&ようしの日イベントを計画中です。
※ご入場できない時間帯がございます。(講座やワークショップを開講中など)お越しになる前に、事前にお電話にてご確認ください。




3月5日 写真展「フォスター」in板橋

お披露目&フォスター・トークイベント

2017年夏から始まった日本で初めての里親家庭・ファミリーホーム・養子縁組家庭の写真展プロジェクト、「写真と言葉でつむぐ フォスター」をいよいよ皆さんにお披露目できることになりました。
3月5日のキックオフ写真展では、なんと写真に写ってくださったフォスター自身がご参集!
フォスターがフォスターを語る「フォスター生ライブ」です!

プログラム
14:00-18:00
1 オープニングトーク:フォスターが始まるよ! (白井、江連麻紀、齋藤麻紀子)
2 親の精神疾患と子の社会的養護(向谷地生良)
 トークライブ:親の精神疾患と子どもの社会的養護(向谷地、白井)
3 支援・被支援を超えて:預けたり、預けられたり(齋藤 直巨)
 トークライブ みんなで子育て(齋藤 直巨、江連、齋藤麻紀子)
 休憩 写真と販売も見てね
4 生みの親と里親・養子縁組家族:子どもを真ん中に
 親子を支えるファミリーホーム(宇津 孝子)
 生母が語る子どもへの思い(生母さん)
 トークライブ 生みの親と里親・養子縁組家族:子どもを真ん中に(宇津、生母さん、白井)
5 初?里親・養子縁組当事者研究!

18:00-19:00
6 「フォスター」交流会! 写真と販売も見てね


写真展 14時~19時(イベント会場後方)
参加費 2000円(交流会軽食つき)
会場 板橋区立グリーンホール

【演者紹介】
向谷地 生良(むかいやち・いくよし)
里親(妻・悦子さんも)。社会福祉法人浦河べてるの家理事、北海道医療大学教授、社会福祉士。主著に『技法以前―べてるの家のつくりかた』(医学書院、2009)、『安心して絶望できる人生』(共著、NHK出版、2006)など。

宇津 孝子(うづ・たかこ)
里親、うずまきホーム(ファミリーホーム)開設、NPO法人フリーキッズ・ヴィレッジ代表。

齋藤 直巨(さいとう・なおみ)
里親(夫・竜さんも)、チャレンジ中野!Grow Happy Family and Community代表。

稲垣りつ子・薫(稲垣ファミリーホーム)さんのビデオメッセージ、生母さんのスピーチ(当日のお楽しみ)もあります。


 向谷地さんは、精神疾患等を抱えた当事者の共同生活体、「当事者研究」で有名な浦河べてるの家の創設者の一人です。精神疾患があってお子さんを育てている人もいるけれど、社会的養護として他の人にお願いする方もいます。向谷地さんご夫婦はそうしたお子さんの里親としても生きてきました。親の精神疾患と子どもの社会的養護は、精神疾患がある人への親子・家庭支援、子どもや里親の視点から見た精神疾患など、精神保健と子どもの育ちがクロスオーバーする大事な領域です。向谷地家には行政の委託を受けてはいないけれど、ここを家庭のように過ごすお子さんもいれば、向谷地家のお子さんが家庭のように過ごす別の家もあったのですよ。今回は里親として受けた(元)お子さんとともにファミリーで写ってくださいました。
 宇津さんは、東京から親子で長野に移住し、有機を基本にした農業を始めました。不登校、フリースクール登校のお子さんが宇津家にホームステイする私費の「山村留学」を始めましたが、家庭に帰れないお子さんもいて、里親になりました。大地と対話する自給自足の生活、自立支援の職業体験(新聞配達や農家民宿の営業、染物や農産加工食品の製作と販売)や、NPOによる村づくり(便利屋として村の人へのサービスや商品提供)をしてきました。子どもさんの生みの親が通ってくることもありますが、子どものためだけでなく、親支援でもあり、子どもが帰る可能性が高まるでしょう。宇津さんの活動に賛同して、里親さんが移住してきました。かつての“里親村”のように、“ヴィレッジ”ができると思います。
 齋藤さんは、子育て支援をしているファミリーサポートが「お泊りありの子育て支援」(=里親)へ拡大できないかと活動している里親さんです。モッキンバード、フォスタリングチェンジの研修など、里親同士の支えあいも学びつつ、地域社会全体で子どもを支える仕組みを呼びかけています。今回は、かつてお預かりしたお子さんの家族も一緒に写ってくださいました。産後子育てが立ち行かなくなったとき、この里親さんにお願いしたいと強く求めて、委託が実現しました。今も家族ぐるみのお付き合いが続いています。「祖母の心境」と語る、とっても若い里親さんです。
 稲垣さんは、専門里親として、個性豊かな多くのお子さんを育ててきました。稲垣ファミリーホームには、お子さんや稲垣さんに会いに、いろいろな人が来ます。国際交流、語学教師、音楽教師、同級生、家庭教師さん、海外からのホームステイのお子さん。養子縁組した成人したお子さんはスタッフになりました。子どもはファミリーホームの定員いっぱいの6人ですが、ある日にホームで食事をしていった大人はその2~3倍!? 風通しのいいお家です。今回は家族写真だけでなく、子どもたちにカメラを持ってもらいました。子どもたちが撮る里親さんは。。。近い!ドアップ。この距離感は親子ならではです。 
 今回の撮影では、お子さんを養子として託した生母さんにも入っていただきました。彼女は子どもとの距離感を慎重に考えて行動していますが、それは子どものその時の気持ちを第一に思っているからです。子どもの求めに応じていつでも役割を果たせるように「スタンバイ」しているように見えます。生んだ人がいて、子どもがいる。子どものニーズを中心におくと、生母はなかったことにできない、子どもを構成する大切な人の一人でしょう。育てていないけれど、その顔はまさに母の顔です。
 日本で初めての里親家庭・ファミリーホーム・養子縁組家庭の写真展。写真の応募や皆さんからのコメント、ご協力家庭のその後の撮影を通じて、この写真展も成長していきます。皆さんも一緒に作っていきましょう。 
 

2017/11/26 東京新聞で「フォスター」が紹介されました!
養子に託した生母(バースマザー)さんの撮影とお話も掲載されています。
子どもにとっては、生みの親は大切なアイデンティティとルーツ。
生みの親にとっての子どもも、そうですね。長い人生で、向き合ったり、ふたをしたり、ポケットから取り出したり、何度も何度も心が揺さぶられるでしょう。
生母さんは、子どもや育て親との距離や立場はいろいろだけど、透明ではありません。
フォスターに大切なパートとして写ってくださった生母さんに感謝。
皆さんにも写真展を見て感じたことを教えていただきたいです。
http://www.tokyo-np.co.jp/…/…/201711/CK2017112602000158.html 


2017年3月から写真展が全国を巡回します!
4月ベビーボックス世界大会(熊本市)
7月関東ブロック里親研究協議会(静岡市)(申請中)
3月umiのいえ(横浜市)
写真展、トークイベントの開催をさせてください。ご連絡は下記まで。
○里親・ファミリーホーム・養子縁組家族からの写真も募集します。タイトルや文章を添えて下記までお送りください。
※写真展等で使用させていただく場合には事前に打ち合わせと確認をおこないますのでご安心ください。
※本プロジェクトではご家族の意思を尊重し、お子様、ご家族、親権者、児童相談所や都道府県庁所管と話し合いながら、確認・同意の上で進めております。
メールアドレス:foster.photo2017@gmail.com


ご寄付を募っております

本プロジェクトではご家族の意思を尊重し、お子さん、ご家族、親権者、児童相談所や都道府県庁所管と話し合いながら、確認・同意の上で進めております。

この企画はみなさまからの寄付で成り立っています。
ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
寄付先
【ゆうちょ銀行】 記号 10910 番号 13191361 名義 フォスター
他金融機関からのお振込 店名 098 店番 098 普通 1319136
写真展、トークイベントで全国を巡回するため、交通費や写真パネル費用など開催費が必要です。どうか皆さまのお力をお貸しください 
フォスター foster.photo2017@gmail.com

2018年1月11日木曜日

2月の抱っこクラス情報

こんばんは、スタッフ茜です。
2018年2月の抱っこクラス情報です。
umiのいえで開催のものから
外部で開催のものまであります。
出張も承りますでのお気軽にご連絡下さい。
寒い時期こそ抱っこやおんぶでぬくぬくしましょう(^ ^)


【umiのいえでのクラス】
☆ここちよい抱っことおんぶクラス☆
◾︎2月4日(日)10:30〜12:30
◾︎2月9日(金)10:30〜12:30
◾︎2月27日(火)10:30〜12:30
https://coubic.com/uminoie/295931 


☆抱っことおんぶのおさらい会☆
◾︎2月1日(木)10:30〜12:00
◾︎2月16日(金)13:30〜15:00
◾︎2月21日(水)10:30〜12:00
https://coubic.com/uminoie/261408  


☆ベビーラップ体験・練習会☆New!!
■2月13日(火)10:30〜12:30
https://coubic.com/uminoie/240080


☆ふんわりすくすく赤ちゃん講座☆
■2月12日(月祝)10:30〜12:30
https://coubic.com/uminoie/298754 

    

【外部でのクラス】
☆ダンスラボドゥードゥルにて抱っこクラス☆
2月6日(火)10:00〜12:00
最寄駅:池尻大橋駅
http://www.dancelabo-doodle.com/
お問い合わせフォームより
・体験レッスンご予約を選択
・お名前、お子様の月齢、連絡先を記入
・日時は2018年2月6日
・希望クラスは、「産後ヨガ」をお選びいただき、記入欄に「だっことおんぶクラス」とご記入ください


☆ふんわりすくすく赤ちゃん講座☆
2月6日 13:30〜16:00
調布市文化会館
https://www.facebook.com/events/387829084971983??ti=ia


☆豊倉助産院クラス☆
2月14日(水)
①10:00〜11:00
②11:00〜12:00 
【会場】豊倉助産院 http://e-osan.com
(最寄り駅 相鉄線緑園都市)
【参加費】¥2,000 
※ご家族の方とご一緒の場合は+¥1,000
お申込み、詳細はこちら→https://coubic.com/uminoie/109380


☆ふんわりすくすく赤ちゃん講座&抱っことおんぶのミニ体験会in福岡☆
2月23日(金)
https://www.facebook.com/events/1514925358576237??ti=ia


☆よしかた産婦人科クラス☆
2月27日( 火) 10:00~11:30
毎月第4火曜日
【会場】よしかた産婦人科 http://www.yoshikata.or.jp/
(最寄り駅 JR横浜線小机駅)
【参加費】よしかた産婦人科でご出産の方¥1,000
・その他の方¥2,000
※ご家族の方とご一緒の場合は +¥500
◉直接お電話でお申込みください 045-472-8688