2018年2月18日日曜日

4/15(日) 授乳服のモーハウス 試着販売会 in Umiのいえ

4/15(日) 授乳服のモーハウス 試着販売会
in Umiのいえ 開催決定!

モーハウスの授乳服を、Umiのいえにて試着&購入できます。

◎子育ては“我がまま”でいい◎
もっとでかけよう、もっと笑おう。
妊娠中も、授乳中も、子育て中も
やりたいことをあなたらしく。

いきいきと自由に輝いて子育てをしてほしい。
そんな想いがモーハウスの授乳服には込められています。


実は授乳中のこの写真↑
モーハウスの授乳服は、肌を露出せずに授乳ができるので、いつでもどこでも安心。
ストレスフリーな授乳服を着て、楽しくおでかけしてみませんか?

◇こんな方にオススメ◇
・ラクな授乳方法を知りたい方
・赤ちゃんとのお出かけが不安な方
・妊娠してから、子供が産まれてから、ファッションを楽しめていない方

*Umiのいえ販売会のオススメポイント* 

現役授乳中ママスタッフに、授乳服の使い方〜授乳にまつわるお悩みまでご相談頂けます。


畳のお部屋なので、お子様を寝かせたまま、ママはゆっくり試着ができます。

あたたかい雰囲気のUmiのいえでの販売会は、リフレッシュできること間違いなし☆
ぜひお気軽に遊びにいらしてくださいね♡

日時:2018/4/15(日) 10:30〜15:30
入場:無料/予約不要

お問い合わせ:
モーハウス青山ショップ担当戸谷
tel:03(3400)8088 

*モーハウスwebショップをご覧頂き、当日試着したいリクエスト品がございましたら、
4/4(水)までにtoya@mo-house.netまでご連絡頂ければ可能な限り対応させて頂きます。

ぜひこの機会に、Umiのいえでの販売会に足をお運びください。
お待ちしております。

2018年2月14日水曜日

3月抱っこクラス情報

こんにちは、スタッフ茜です。
3月の抱っこクラス情報です。
umiのいえで開催のものから
外部で開催のものまであります。
出張も承りますでのお気軽にご相談下さい。
楽しくなるような布を選んでわくわく春を迎えましょう(^^)


【umiのいえでのクラス】

☆ここちよい抱っことおんぶクラス☆
◾︎3月10日(土)10:30〜12:30
◾︎3月13日(火)10:30〜12:30
◾︎3月22日(木)10:30〜12:30
◾︎3月30日(金)10:30〜12:30
https://coubic.com/uminoie/295931 


☆抱っことおんぶのおさらい会☆
◾︎3月8日(木)10:30〜12:00
◾︎3月16日(金)10:30〜12:00
◾︎3月26日(月)13:30〜15:00
https://coubic.com/uminoie/261408  


☆ふんわりすくすく赤ちゃん講座☆
■3月31日(土)10:30〜12:30
https://coubic.com/uminoie/298754 


☆支援者向けふんわりすくすく赤ちゃん講座☆
■3月2日(金)10:00〜16:00 
https://coubic.com/uminoie/297174    


【外部でのクラス】

☆豊倉助産院クラス☆
3月14日(水)
①10:00〜11:00
②11:00〜12:00 
【会場】豊倉助産院 http://e-osan.com
(最寄り駅 相鉄線緑園都市)
【参加費】¥2,000 
※ご家族の方とご一緒の場合は+¥1,000
お申込み、詳細はこちら→https://coubic.com/uminoie/109380


☆助産院LunaLuna 家族で心地よい抱っこおんぶクラス☆
3月17日(土)13:30〜15:00
午前中個別抱っこ相談も有り。
【会場】助産院LunaLuna
(最寄り駅 JR茅ヶ崎駅)
お申し込み、詳細は助産院LunaLunaまでお問い合わせください。
http://lunaluna-josanin.com


☆よしかた産婦人科クラス☆
3月27日( 火) 10:00~11:30
毎月第4火曜日
【会場】よしかた産婦人科 http://www.yoshikata.or.jp/
(最寄り駅 JR横浜線小机駅)
【参加費】よしかた産婦人科でご出産の方¥1,000
・その他の方¥2,000
※ご家族の方とご一緒の場合は +¥500
◉直接お電話でお申込みください 045-472-8688 


☆楽ちん抱っことおんぶの練習会@鎌倉☆
3月27日(火)10時〜
https://www.facebook.com/events/328851684274946??ti=ia






2018年2月13日火曜日

4/29「Birth,Birth,Birth!」写真展とお話会「お産 辛いとき、喜びのとき」  




出産ジャーナリストの河合蘭さん、
写真家の江連麻記さんの第3回巡回写真展 
「Birth,Birth,Birth!」

■展示期間 

江連麻紀 写真展 2018年4月5日~4月29日

河合蘭 写真展 2018年4月29日~5月中旬



■トークショー「お産 辛いとき、喜びのとき」 

【日時】4月29日(日)13:30~16:00 

【参加費】1800円(税込)

お二人の写真のスライドショーと、
撮影秘話 
ファインダーからみた 命を迎える家族の姿
家族はいろいろ 試練はいろいろ、お産もいろいろ
赤ちゃんがもたらすギフト
お産にあるドラマをお話します 
皆さんとも「お産」について、ディスカッションできたら幸いです。
ぜひ語り合いましょう。 

【申込】https://coubic.com/uminoie/399573


<アーティスト プロフィール>

■河合 蘭 (Ran Kawai) 出産ジャーナリスト


カメラマンをしていた25歳の時に第一子を出産して妊娠に興味を持つ。以来30年に渡り、フリーの専門ジャーナリストとして取材活動を続けてきた。
近年は取材で出会った人々を撮影することにも力を入れており、「東洋経済オンライン」などで動画や写真を重要な要素とする記事を発信。
主な著書は「科学ジャーナリスト賞2016」受賞作の『出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来』(朝日新聞出版)、『卵子老化の真実』(文藝春秋)、『助産師と産むー病院でも、助産院でも、自宅でも』(岩波書店)など多数。
講演、メディアコメント多数。国立大学法人東京医科歯科大学、日本赤十字社助産師学校の非常勤講師。
<公式ホームページ>http://www.kawairan.com/



■江連麻紀(Maki Ezure)写真家

東京写真学園を卒業後、2010年よりフリーカメラマンとして活動中。
出産、家族や子どもや赤ちゃん、北海道浦河町にある精神障害等をかかえた当事者の地域活動拠点のべてるの人々や、ダウン症のある子ども達、里親やファミリーホームや養子縁組のご家族の撮影。
2014年〜休刊まで朝日新聞出版「AERA with Baby」巻頭フォトエッセイを連載。
他、雑誌や広告など多数。
<公式ホームページ> https://cocoroto.jp

2/4 住育講座を開催しました。

こんにちは、スタッフ茜です。
2/4 住育講座を開催しました。

この住育講座はUmiのいえで衣食住いろいろな講座を開いている
ここちえのき秦さん主催です。

京都在住(株)ミセスリビング代表 お母ちゃんこと宇津崎 光代さんを招いて開催されました。

我が家は現在賃貸物件。
この先もずっとこの家に住む?と考えた時にいやいやそれはないな。
でも
◆どんな家に住みたいのかわからない。
◆住育ってなに?
◆費用を抑えたい
◆アレルギーの息子に優しい家がいい

などなどここには書ききれない位、疑問や考えがまとまらない。
じゃあとりあえず住育講座に出てみようと家族で参加してみました。

お母ちゃんはかつての小学校教師時代、子供がおかしい。
その背景に住宅事情に問題があるのではないかと感じたそうです。

お母ちゃん、秦さんの話を聞いていて腑に落ちることばかり。
「女は家庭を守る者、家族みんながハッピーでいなきゃあかん」というお母ちゃんに
「家っていうのは365日快適に過ごせる場所なんじゃないかな」
という秦さんの言葉が今でも残っています。

今はまだ旦那さんと意見をすり合わせはじめたところな我が家。
いずれは同じ方向を向いて
お母ちゃんに家のことをお願いしたいと思っている私なのでした。

カッコイイ、便利に走りがちな旦那さん。
先は長くなりそうです。。。笑

大きくて広い、いわゆる豪邸=幸せ
ではない
幸せの原点は家族の絆

秦さんとお母ちゃん
素敵なタッグです

心に響く講座でした
生活のことを考える
いいきっかけになりました



◆お母ちゃんこと宇津崎 光代さんのHP
(株)ミセスリビング
http://mrs-living.co.jp

◆秦さんのここちえのき
住まいの話
https://cocochienoki.blogspot.jp/p/blog-page_6.html

ぜひご覧ください。

4/8 「おっぱいの はじまりと おわり」 〜沖縄助産師小森さんの、おっぱいと卒乳の大事な話〜

沖縄カリスマ助産師 小森香織さんの 
絵本『おっぱいの贈り物』出版記念トークイベント 













●講話「おっぱいが親子にくれる贈り物」 
・ママと赤ちゃんの気持ちに合わせた、おっぱいの上手な終りかた
・仕事を続けてもおっぱいは上手にこどもに寄り添います
・おっぱいが終わるとき父親が必要な5つの理由 他 
おっぱいケアのカウンセリングや、小森助産院で人気の「卒乳講座」で20年間伝えてこられた、「卒乳、子育て、親育て」についてお話いただきます。
【日時】2018年4月8日(日)10:30~12:30 
【参加費】1080円(税込み)
【対象】ご夫婦、ご家族でのご参加 歓迎です。
【講師】沖縄 小森助産院 小森香織さん  
プロフィール:1960年生 大阪府立助産婦学院卒 阪神淡路大震災被災を機に1996年沖縄移住 同年こもり助産院を開院。自宅出産と性教育とおっぱいケアで沖縄に恩返し中。4男の母、孫一人。
【参加申し込み】https://coubic.com/uminoie/174843 


絵本『おっぱいの贈り物』


おっぱいケアのカウンセリングや、小森助産院で人気の「卒乳講座」で20年間伝えてきた。
おっぱいと卒乳、子育て、親育ての大事な話をぎゅぎゅっと凝縮した絵本です。

テーマは、
「大切なおっぱいと卒乳を、もっと大切に、 もっと幸せに変える絵本」

子どもを産んですぐの
「聞いてないよー!」と
弱音を吐きたくなるようなおっぱいトラブルや、
それを乗り越えての、おっぱい時間の幸せ、そして、卒乳の寂しさや辛さ。

こもり助産院には、多くのお母さんが集い、
授乳と卒乳からたくさんのことを学び、巣立っていきました。

おっぱいをスタートすることも、おっぱいとサヨナラすることも
お母さんにとっては、一大事。

にも関わらず、世の中には、手探りで、誰にも相談できず、
孤独に向き合ってきたお母さんがなんと多いことか。

おっぱいも、卒乳も、生き方もいろんな形があるけれど、どんなタイミングであろうと、
卒乳は、親から離れる大切な、自立のタイミング。
親と子の信頼がより深く繋がる、大切なタイミング。

絵本を通して、より多くのお母さんに、

「この大切なおっぱいの時間、卒乳の時期を、
もっともっと大切にして、幸せと安心に包まれてもらいたい」
という想いから、絵本プロジェクトはスタートしました。

おっぱい絵本プロジェクト紹介 
https://www.facebook.com/events/1050914361642222/  


【絵本の内容】

絵本は、赤ちゃん自身が主人公!
お腹の中の赤ちゃんがおっぱいを楽しみにしていたり、
おっぱいのお山をのぼって、
とうとうおっぱいと出会えたり、
乳腺炎を乗り越え、授乳がスムーズになったり。
クライマックスでは、
「そろそろ卒乳だね」と言われて、
ビックリする赤ちゃん。
「じゃあ、100回飲んでやる」って反発しながらも、
卒乳を機に成長し、幸せな卒乳を迎えます。

シンプルなストーリーの中に、
「赤ちゃんは全部分かっているよ」
「子どもの自立を妨げるお母さんの行動とは?」
「卒乳できたら、いよいよお父さんの出番!」
など、

絵本の中には、おっぱいと卒乳を通じて、
学ぶことのできる助産師の
知恵やスキルがいっぱい詰まっています。

おっぱいの期間も卒乳も、十人十色。
ご自身のおっぱいライフに合わせて
読んで頂けたらと持っています。

おっぱい絵本特設ホームページ
https://www.akokuro.com/おっぱい絵本/

2018年2月12日月曜日

「抱っこおんぶで楽しめるベビーベリーダンス」

おはようございます。スタッフの英子です。

2/5「ベビーベリーダンスクラス」がありました。


鏡の前に立って、自分の姿を見る。

我が子を背中に感じながら、
ステップを踏んでいく。

すっと自分に集中できる。
自分の時間になる。

気付くと聞こえてくる寝息。
安心と爽快感。

子どもが小さい時だからこそ、できることがある。

一緒にできること。
くっついていてできること。

それが今、大切にしたいこと。

暮らしの中でできるエクササイズも教えていただけます。
この動き、子どもは楽しい!
でもお母さんにはかなりきく~!

おんぶで一緒に。

お姉ちゃんも一緒に。

お母さんが踊りに集中しているうちに寝てしました。
頭がかくんとならないように、布でサポート。
暖かくって気持ちよさそう。

すっきり!
赤ちゃんも一緒にすごせて安心。
踊って汗をかいてすっきり。
さらに体がしまってキレイに♪

女性の体のことも、季節の体の変化も知り尽くした
tomoko先生が丁寧に教えてくれる贅沢な時間。

「抱っこおんぶで楽しめるベビーベリーダンス」
Umiのいえにて。
月曜日に開催しています。

冬で滞っていた体を流しに、ぜひいらしてくださいね。

2018年2月10日土曜日

1/17 棒田さんの感受性&身体育て小さいうちにしておきたいことを開催しました。

こんばんは、スタッフ茜です。
1/17 棒田さんの感受性&身体育て小さいうちにしておきたいことを開催しました。

我が子には感受性豊かに育ってほしい
誰もが皆思うことだと思います

そもそも感受性ってなんだと思う?
今日は何に惹かれてここに来ましたか?

参加者のみなさんに質問を投げかけながら進行していきます。

今は世の中便利なもので溢れかえっています。
でもそれって本当に必要なのかな?
少し前の生活を思い出してみようよ、ね、必要ないよね?なくても大丈夫そうだよね。

などなど。
その場面で起こる子供達の行動や
お母さん達が日頃行っている行動から話しを広げていき
でも、日々続けられるようなハードルはあくまで低く。

どんどんいろんな方向に話しは飛んでいくけれど
言ってることは一貫している棒田さん。
とても説得力があります。

みんなで輪になって

この日は看護学生の実習もありました



次回、棒田さんの講座は
3/6(火)「発達にあったおもちゃ選びと遊ばせ方」講座
ぜひご参加ください。

2018年2月9日金曜日

3/11 須永和尚さんの「震災・被災ねほりはほり」 

東日本大震災 
当時 郡山市在住だった須永和尚さんがお話にきてくださいます。
あの日のこと、被災地におきていたこと、お経をあげに廻った旅のこと、
報道されてないこと、もろもろ。
お金、物資、支援金、避妊、こども、学校、お年寄り、夫婦、農業、漁業、酪農、墓、寺、自衛隊、感情、仏像、自殺、供養、格差
外国のことじゃない。同じ日本の中のできごと。
でも、知らないことばかり。
知らなければ、次に活かせない。
知らなければ、国がわからない。
今、関東に住む私達にできることは、無関心でいないこと。
そして、あの日あの頃、感じていたこと 電気、食料、家族、友、夢、絆、いのち、いろんな思いを思い返してみよう。 *黙祷もご一緒に。 【日時】3月11日(日)13:30~15:30(のびても16:00) 
【参加費】1000円以上のカンパ制  *お子さん連れもご遠慮なくどうぞ。  *お茶菓子歓迎 
【お話し】須永 晃仁(すなが こうにん)和尚
高野山真言宗眞天庵住職。精進料理、陰陽の世界を伝える「穀菜食の舎」主宰。 陰陽研究塾顧問。妻・一女・二男あり。

申込はこちらから https://coubic.com/uminoie/231159

「Body Synergy Kids」2018年4月~

「Body Synergy Kids」
  仲間を募集中!

子どもと向き合い、
子どもと一緒に遊びを楽しむ時間です。

親子の関わり、繋がり、触れ合い…
もっともっと味わいましょう!

「Body Synergy Kids」
親子で参加する遊びのクラスです。

ダンス、リズム遊び、劇遊びなど様々なアプローチを通して、
からだを思い切り使いながら、親子や周りの人たちとの健やかな関係を育みます。 

【日程】 毎月1回、日曜日
4/29
5/13
6/3
7/1

【時間】10:30~11:30 
※定員に達した場合、11:30~のクラスを追加開催いたします。

【対象年齢】1歳半~5歳 

【参加費】お子様お一人につき
■初回割引 ¥1,500
■1回 ¥2,500 
■5回チケット  ¥10,000 (無期限) 

【会場】Umiのいえ
http://www.uminoie.org/2016/ 
神奈川県横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4F 

【講師】
玉川みなみ

【お問い合わせ・ご予約】
090-2660-2251 (玉川)



チケットを購入するとお得に参加できます。
単発の受講ももちろんOK!

初回はお得になっていますので、
ぜひ一度体験しに来てくださいね。


このクラスは、お父さんお母さんも完全参加型!
子どもと一緒に思いっきり遊びましょう!

音楽にのせて体を動かしたり、
転がったり、ジャンプをしたり。
みんなで輪になってご挨拶をしたり。


一緒に英語も覚えちゃおう!

それぞれの子どものペースで楽しみ、チャレンジしていけるクラスです。


遊びの中で子どもと手をつないだりハグしたり!
みんな一緒に動いて
カラダスッキリの時間に!!
お待ちしています。

ビッグジャンプで
ビッグスマイル!!


先生の真似っこ。
楽しいね!


親子でくっついて、深呼吸。
なかなかこういう時間ってとれませんね。

いろいろなものに触れて、人に触れて、感情に触れて。
こどもが子どもらしく過ごせる時間。
ぜひご家族でお越しください。


2018年2月5日月曜日

お母さんのための救急教室~冬編

こんにちは、スタッフ麻衣です。

2月2日、『お母さんのための救急教室~冬編~』開催しました‼️

外は雪がちらついていてとっても寒かったですが、救急教室はとってもアットホームな雰囲気で、皆さんとっても真剣な眼差しで講師の文江さんのお話を聞いていました。

我が子の緊急事態、どんなお母さんだって落ち着いてはいられない。高熱や下痢嘔吐、お母さんたちの心配はつきません。すぐに病院に連れて行った方がいいの?薬を飲ませていれば安心?

文江さんのお話のなかには、お家でこどもを看病するときのポイントや、感染症が他の家族に広がらないようにするためのコツなどが盛りだくさん。

知っておくといざというときに安心な、お母さんのこころの中の救急箱です(^^)

次回は3月7日、『お母さんのための救急教室~防災のおはなし編』です。午後には心肺蘇生法の実技編もあります。是非是非、ご参加ください‼️

https://coubic.com/uminoie/382065

https://coubic.com/uminoie/276153



こちら↓は感染症対策に大活躍の『ノロノット』。この季節(年中活躍しますが)、特に一家に一本、いや二本は必須です‼️ケボッと吐いちゃった後にも、外から帰ってきた洋服にも、シュッシュツとしておくと安心です。umiのいえで販売中なので、スタッフに声をかけて使い方や効果など色々聞いてみてくださいね(^^)