2018年2月9日金曜日

3/11 須永和尚さんの「震災・被災ねほりはほり」 

東日本大震災 
当時 郡山市在住だった須永和尚さんがお話にきてくださいます。
あの日のこと、被災地におきていたこと、お経をあげに廻った旅のこと、
報道されてないこと、もろもろ。
お金、物資、支援金、避妊、こども、学校、お年寄り、夫婦、農業、漁業、酪農、墓、寺、自衛隊、感情、仏像、自殺、供養、格差
外国のことじゃない。同じ日本の中のできごと。
でも、知らないことばかり。
知らなければ、次に活かせない。
知らなければ、国がわからない。
今、関東に住む私達にできることは、無関心でいないこと。
そして、あの日あの頃、感じていたこと 電気、食料、家族、友、夢、絆、いのち、いろんな思いを思い返してみよう。 *黙祷もご一緒に。 【日時】3月11日(日)13:30~15:30(のびても16:00) 
【参加費】1000円以上のカンパ制  *お子さん連れもご遠慮なくどうぞ。  *お茶菓子歓迎 
【お話し】須永 晃仁(すなが こうにん)和尚
高野山真言宗眞天庵住職。精進料理、陰陽の世界を伝える「穀菜食の舎」主宰。 陰陽研究塾顧問。妻・一女・二男あり。

申込はこちらから https://coubic.com/uminoie/231159

0 件のコメント :

コメントを投稿