2018年4月22日日曜日

5月の抱っこクラス情報

こんにちは、スタッフ茜です。
5月の抱っこクラス情報です。
umiのいえで開催のものから
外部で開催のものまであります。
出張も承りますでのお気軽にご相談下さい。
ぴったり密着した抱っこ、おんぶで
たくさん幸せを感じましょう!


【umiのいえでのクラス】
☆ここちよい抱っことおんぶクラス☆
◾︎5月12日(土)10:30〜12:30
◾︎5月23日(水)10:30〜12:30
◾︎5月29日(火)10:30〜12:30
https://coubic.com/uminoie/295931 


☆抱っことおんぶのおさらい会☆
◾︎5月1日(火)10:30〜12:00
◾︎5月18日(金)10:30〜12:00
◾︎5月28日(月)13:30〜15:00
https://coubic.com/uminoie/261408  


☆ふんわりすくすく赤ちゃん講座☆
5月26日(土)10:30〜12:30
https://coubic.com/uminoie/298754 
   


【外部でのクラス】※地方クラス情報もあります
☆豊倉助産院クラス☆
5月9日(水)
①10:00〜11:00
②11:00〜12:00 
【会場】豊倉助産院 http://e-osan.com
(最寄り駅 相鉄線緑園都市)
【参加費】¥2,000 
※ご家族の方とご一緒の場合は+¥1,000
お申込み、詳細はこちら→https://coubic.com/uminoie/109380


☆よしかた産婦人科クラス☆
5月22日( 火) 10:00~11:30
毎月第4火曜日
【会場】よしかた産婦人科 http://www.yoshikata.or.jp/
(最寄り駅 JR横浜線小机駅)
【参加費】よしかた産婦人科でご出産の方¥1,000
・その他の方¥2,000
※ご家族の方とご一緒の場合は +¥500
◉直接お電話でお申込みください 045-472-8688 


☆楽ちん抱っことおんぶの練習会@由比ヶ浜☆
5月8日(火)10時〜12時半
https://coubic.com/mar5955/163985


☆母たちよ美しい抱っこを手に入れろ☆
5月16日10時〜
会場 金久分館3F和室
(奄美市名瀬公民館)
http://minaminoshimanojyosanin.amamin.jp/e691968.html


☆楽ちん抱っことおんぶの練習会@四国中央市☆
(愛媛県四国中央市)
5月16日(水)14時〜16時半
詳細はyoyaku.mar@gmail.comへお問い合わせください


☆北区ママ応援プロジェクト 北とぴあ(東京都北区王子)☆
5月22日(火)、29日(火)14時〜
◆第1回 赤ちゃんの身体のこと、発達のことを知ろう
◆第2回 赤ちゃんにもママにも心地良い「抱っこ」や「おんぶ」を知ろう
詳細はyoyaku.mar@gmail.comへお問い合わせ下さい。


☆ふんわりすくすく赤ちゃん講座&ベビーウェアリングサロン☆
5月25日(金)10時半〜
鎌倉スタジオ seesaw
https://coubic.com/mar5955/294310


☆助産院LunaLuna 快適抱っことおんぶの会☆
5月31日(木)13:00〜15:00
午前中個別抱っこ相談も有り。
【会場】助産院LunaLuna
(最寄り駅 JR茅ヶ崎駅)
お申し込み、詳細は助産院LunaLunaまでお問い合わせください。
http://lunaluna-josanin.com



2018年4月20日金曜日

明日あさって、代々木公園のアースデイにいらしてね!












こんにちは、スタッフさとみです。
4/21(土)、4/22(日)は代々木公園においで~!
今年もアースデイ東京に「Umiのいえ&和のお手当て会」でテント出します!

■アースデイ東京とは■
地球のことを考える一日。
持続可能な生活を応援する企業・団体・学校・フード店舗が集まります。

アウトドアメーカーや自然派化粧品のアウトレット販売や、農家さんのマーケットや
材料にこだわった料理屋さんのフードコートもとっても楽しい!

Umiのいえブースは、会場レイアウト図で原宿側の入口入ってすぐ右手の一帯の
「memoli こどもみらい測定所 & マザリングマーケット」と書いてあるあたりです。
がんこ本舗のおそうじ学校ブース、抱っこおんぶのブースもすぐお隣ですよ~♪

【会場】代々木公園(イベント広場・ケヤキ並木)>>画像付きアクセス
    渋谷駅徒歩20分、原宿駅徒歩10分
【日程】2018年4月21日(土)10:00~17:00(19:30からキャンドルナイトあり)
    4月22日 (日)10:00~17:00

アースデイのイベントサイト
http://www.earthday-tokyo.org/2018/02/02/5174

■出展内容■
NPO法人Umiのいえでは、治療やセラピーで取り入れられている頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)を、家庭でのセルフケアにも活かせるよう、「家庭でできるお手当て講座」として広めています。

優しく触れていると筋膜は緩みほぐれていき、心身の滞りが流れだし、様々な効果効能が展開していきます。ただ寄り添うだけの人の手は大きな可能性があります。

アースデイでは、NPO法人和のお手当て会と合同で、人の手の自然をお届けします。手を磨き合ったお手当て人一同でお待ちしております。15分1500円です。
歩き疲れたらぜひお立ち寄りください。


2018年4月18日水曜日

旅する産科医、熊谷歩先生がやってくる~。


明日4/19は、旅する産科医、熊谷歩先生がUmiのいえにやってきます。
産科医だけど、タイコも叩く。日本全国、あっちこっち。
そんな彼女が季節に一度、横浜に立ち寄ってくれます。
いろんな旅の話を携えて。

明日の午前は
「Water journey~体と旅する水のお話~」
西洋医学meets陰陽五行。
体内の7割を占める水がどんな働きでそれぞれの臓器でお仕事をしているか。
いろんな病気は何の働きの滞りで起きるのか。
自分の身体が、もっとおもしろくなるミクロとマクロのお話です。
お申込みはこちらから~

午後は
「心の出産準備クラス~マインドフルバーシング体験会」持ち物は、好奇心のみ(^^)
ほかのマインドフルネスの手法にはない”陣痛”と”痛み”についてのとらえ方は、天と地がひっくりかえるほどのアハ体験です。

マインドフルバーシングの詳細、お申込みはこちら 

カップルでもお一人でも妊婦でも妊婦でなくても、歓迎です!
(スタッフさとみ)

2018年4月16日月曜日

まだ残席ございます

スタッフ茜です。

4/18(水)棒田さんの子育て講座「感受性&身体育て 小さいうちにしておきたいこと」

まだ残席ございます。
ご予約はこちら↓
https://coubic.com/uminoie/378130


初めてこの講座を受けた時
私は我が子に対してなんにもできていないじゃないか・・・
と自己嫌悪に陥りました。

棒田さんの話を聞いたその日から少しづつ
息子に対しての接し方を変えてみました。
自分のできる範囲で、本当に少しづつ、丁寧に。
でもハードルは低く。

そんな少しづつの積み重ねは息子が2歳を過ぎたくらいから
言葉や行動で感じられるようになりました。

あの時棒田さんの話を聞いておいてよかったと思います。

そして今でも子育ての壁に当たると
棒田さんの言葉を思い出したり
ブログを見返して元気をもらったりします。

どんな月齢、年齢でも学ぶことがきっとあるはずです。
ぜひご参加くださいね。




2018年4月15日日曜日

4/3 春のベビーウエアリング撮影会開催しました!


こんにちは。Umiのいえ 抱っこクラスの亜衣です。
先日 みなとみらいで 矢部ひとみさんの
春のベビーウエアリング撮影会を開催しました。
今年は桜の開花が早く 最後の さくら吹雪の中での撮影となりました!
赤レンガ倉庫までのお散歩もとっても気持ち良かったです。
桜の中での撮影はとってもきれいでした!

小さなころから ママとぴったんこ。

 
赤レンガ倉庫でおんぶはとってスタイリッシュ
ママが大好き にっこにこ!

スタッフも春の撮影会を楽しみました。
ウエアリングだけでなく春の親子の思い出や記念の撮影にも
オススメですよ♪

はーい!!のお返事ができるよ!

抱っこする側から すっかり する側のお姉さんに



入学・入園の記念に!
ひとみさんの撮影だからこそ日常の姿がそのままに。

こどものドールウエアリングも可愛いですね。


4/7食育特別講座「お弁当のおかずにもなる春の重ね煮レシピ&豆乳マフィンの会」開催しました

今回ご参加のれいなさんに講座のレポートをお願いいたしました!!れいなさんありがとうございました!!


4月7日、食育特別講座「お弁当のおかずにもなる春の重ね煮レシピ&豆乳マフィンの会」に参加させて頂きました。
土曜日開催ということもあり、働いている方や小学生のお子さんと一緒に参加された方もいらっしゃいました。

本日のメニューは1.グリーンピースごはん(一色加えて華やかに!)2.春の重ね煮味噌汁3.春の筑前煮(山菜も入れて、春のお味♪)4.切り昆布とかぼちゃの煮物5.いんげんと人参の蒸し煮6.豆乳入りマフィン(今回は、よもぎレーズンと人参の2種類)でした。

 

日々、重ね煮ご飯にお世話になっている我が家。今年度からはお弁当作りが始まることもあり、レシピを増やしたくて申し込みました。 知っているようで知らなかった、春野菜の性質、筍や蕗のこと。一度体験すると、家で実践するハードルがググっと下がります(^^)野菜の切り方も丁寧に教えてくださるので「知ってて出来ること」がどんどん増えていくのも楽しい♪


お弁当のメニューならではのポイントや色の使い方等、実践的なお話もたくさん!世に時短レシピは多くありますが、料理するのに電子レンジばかり使うのは色々心配。でも美保先生のレシピは、レンジを使わなくても時短でササッと気軽にできるメニューなのでとっても嬉しいです。アレンジもたくさん教えて頂けるので、バリエーションが一気に増えます。
うちの子どもはとても美味しかったようで、私の分までいっぱい食べていました!

よもぎとにんじんの2バージョン


楽しかったですね。ご参加の皆様ありがとうございました。
【今後の食育講座のお知らせ】
◎4/18「こどもの日レシピ&柏餅の会」キャンセル待ち受付中

◎5/12・5/31「重ね煮でイタリアン!?レシピの会」


◎6/9・6/12「梅仕事入門&梅料理の会

陰陽調和料理法による食育4回連続講座86期水曜コース
 5/9.5/23.6/6.6/20(水)

お待ちしています♪

2018年4月14日土曜日

4/8「おっぱいの はじまりと おわり」 〜沖縄助産師 小森さんの、おっぱいと卒乳の大事な話〜を開催しました

スタッフ茜です。
4/8「おっぱいの はじまりと おわり」 〜沖縄助産師 小森さんの、おっぱいと卒乳の大事な話〜を開催しました。

息子は2歳4ヶ月、おっぱい大好き。
夜は何度かおっぱいで起きます。
街でおっぱいが欲しくなると
『おっぱーい!おぉーっぱーい!』と叫びます。笑
おっぱいを飲んでいる息子氏は可愛い。
『おっぱいおいしい』
と言ってるくれた日にはもう、メロメロ。
けれども正直授乳が辛い、しんどいと思う機会も増えてきました。
◆自然な卒乳を待つべきか
◆断乳すべきか
実母にはまだ飲んでいるの?
恥ずかしいと言われることもあります。

で、会に参加したのですが
もっと母である自分主体でものを考えてもいいんだ
と気持ちがとても楽になりました。
『息子のために』
と思っていたことが自分を苦しめている
子供は思った以上にいろんなことを理解している。
そして『おっぱい』
とこんなにもたっぷり向き合う時間はなかったなぁと。
本当にいい機会でした。

母乳育児を一言で表すなら
というワークをやったのですが私は
『力』
を選びました。
少し成長がゆっくりめだった息子氏。
アトピーもあり、一時は後ろめたさや周りの目を気にして育児していた時期もありました。
それでもおっぱいが力になり彼の成長につながっていた。
お互い心の支えになっていた。
そこには底知れぬ力があるなぁと。
ワークをやっていてもう涙、なみだ。
みなさんの話や思いにもらい泣きもたくさんしました。

息子とのおっぱいライフはいつまでかまだわかりませんが
お互い納得する日が来るまで…ではなくて
自分の気持ちを大切にしながら進んでいきたいと思います。

子育て支援の場に身を置いていますが
自身の子育てに迷いも悩みも沢山ある。
だからこそ分かち合い寄り添える時があるのだろうなぁ。
こういった気持ちは忘れず精進していきたいです。


以下、参加者で助産師 山西朋子さんにの書いてくださった記事です。
山西さんは茅ヶ崎で助産院LunaLunaを開設しています。
私も何度かおっぱいケアをしてもらったりとお世話になっていますが
ほっと一息、安心して身を委ねられる敏腕助産師さんです。
助産院LunaLunaのHPはこちら


今日はUmiのいえで沖縄の助産師さん、小森香織さんの卒乳にまつわるお話会。
今回、小森助産師著、ながもと みちさん手がけた絵本「おっぱいの贈り物」出版記念トークイベントでした。

おっぱいが始まる時は色々教えてもらったけれど、終わる時は、いつが止めどきなの?
どういう風に進めたらいいの?
添い乳以外でどうにか寝かしつけをしたい、
このおっぱいの生活はいつまで続くのか、、

おっぱいの卒業については、どうしたらいいか分からずに悩んでいるお母さんはとても多いです。

私も、実際に泣き叫ぶ子どもを横に断乳のケアをしていて自分が悲しくなってきたり、これが正解というものがない中、お母さんと赤ちゃんにどう声かけしたらいいのか、気持ちが揺れることがありました。

大先輩の助産師さんなら、どうお伝えしているのか聞かせていただきたくて、満席の所無理を言って参加させていただきました。

参加して、今までの卒乳に対する感じ方が180度変わりました!
子どもは全て分かっている1人の人。赤ちゃん目線で、ママ目線で、パパ目線からあたたかくも芯の通った納得できるお話でした。
絵本の読み聞かせでは、皆さんポロポロ。おっぱいは始まる時も大変だけど、終わる時も大変。でも、終わる時も楽しみに、ワクワクできる内容でした。

最後に1人ずつ、母乳育児をワンワードで発表したのですが自分が感じたのが「悦」。
おっぱいをあげている姿は、女性に与えられた特権というか、悦びだなと感じて。授乳している姿は幸せな光景で、私も悦びを感じます。話ながらボロボロ泣いてました。

午後も助産師同士でのフリートーク、たくさんのことを教えてもらえました。
私は結婚、出産、育児、授乳どれも経験していない。偉そうなことは言えないと、どこかで後ろめたさをもっていました。
でも、小森さんの「みんなそれぞれ使命をもって助産師になったということだから、そのことに後ろめたさを感じることはないよ。あなたに話を聞きたくて、あなたの所に来てるんだから」という声をかけられて、また涙が止まらず。とっても充実した1日でした。
これから改めて自信を持って、ケアをしていきます。
絵本「おっぱいの贈り物」は、助産院でも共有させていただきます。
ぜひ、家族で読んでもらいたいです。


絵本「おっぱいの贈り物」
https://www.akokuro.com/%E3%81%8A%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%…/



開催前に歌を歌ってくれ
場作りを手伝ってくれた
こばりきょうこさん


助産師の小森さん
沖縄から来てくださいました

大きな円になって
ひとりひとりと丁寧に向き合ってくれた小森さん


「おっぱいの贈り物」を朗読してもらいました

お母さんも子供も釘付けです


【感想】
◆仕事復帰前に卒乳することに決めました。気楽にそして新しいステージとして卒乳を迎えられそうです。今までより毎日のおっぱいをあげている時間がとても愛しく大切に思えました。とても素敵なお話で気持ちが洗われました。

◆子供をメインに考えていましたが親の強い決断だと知りました。
おっぱいで育てることが幸せそうに思った。涙が出たタイミングとか色々迷っていたけど心に決めてその日でいいんだと思った。その後寂しいのかな、どんな気持ちなのかな、いろいろ思っていたけど今はワクワク楽しみ。

◆おっぱいを与えてる間夫は待っていてくれたんだその言葉にハッとしました。帰ったらありがとうを伝えます。卒乳は新しい出会いへまた始まるんだと思ったら気持ちが楽になりました。

◆2歳で辞めると大決心しました。
卒乳おめでとうプランを考えようと思います
前向きな卒業を迎える日が楽しみです。

◆卒乳に対する自分の気持ちにもびっくりです。自分と助産院に来てくれるお母さんたちみんながハッピーになれるようにしたいです。たくさん考えて感じて行動していきたいです。

◆卒乳を楽しみにするという考えが新鮮でした。子供がかわいそうと思っていた考えが変わりましたその時が来たら子供を信頼して卒乳しようと思います。

◆卒乳についてはお母さんのやめたい時でいいと思ってはいたけど本当にお母さん主体でいいのかなとどこかで不安だった。泣き叫ぶ子供に私自身罪悪感を感じながらケアしていたが今日参加して180°視点が変わりました。子供を信頼すること、何より母の決断、覚悟がぶれないでと支えたいです。

◆日頃から妻に感謝していますが、もっと今までの期間に対して感謝したいです。うちはおっぱいしている時間は僕は家事をしていろと言われていたので、お父さんといっぱい遊べるという喜びを持ってもらえるといいなと思う。みんなタイミングが見つからないだけだったり、泣き止まなくていいことで一人で悩んでると思うので良い気づきになればいい。平日妻はやはり一人で頑張っていると思うので少しは気が楽になったと思います。

◆私は他にも色々勉強していたのでわかったつもりでいましたが改めて子供が心の自立をしているかそれを理解して私たちが接していく事の重大さを痛感しました。先生だけでなく皆さんそれぞれのケースや思いを聞いてそれを踏まえてがあったのでより経験値が充実感がありました。

◆今まで漠然とおっぱいはあげるものと思いそういうものとして生活してきました。もっとおっぱいをあげるということやめる終わるということ息子という一人の人間のことを夫という大きな存在をもっと意識して考えて日々1日1日を大切に生きようと思いました。

◆自分の気持ちと向き合えました。おっぱいを辞める覚悟するのは息子ではなく私なんだと思いました。私たちにとって卒乳が納得いくものになればいいな。涙が出ました新しい日々が始まるという言葉がとても素敵です子供にとって卒乳が悲しいものではなく人として成長するステップになるんだと考えられるようになりました。

◆自分の気持ちを大切に第一に考えてよいことを知れて楽になりました。NOの言える家族になりたいと思いました。

◆なんとなく母乳育児を続けてきましたが母としての自分の気持ちを大事にして卒乳を考えていきたいです。いやいや貯金早く満期にならないかなと思います。
おっぱいとこんなに向き合う時間が取れて良かったなと思いました。

2018年4月13日金曜日

3/29 親子で聴く命のおはなし~誕生学~ 開催しました

2018年3月29日、23度という季節外れの温かさの中、
普段のUmiのいえとは違う年齢層の子供たちがたくさん集まり、
「親子で聴く命のおはなし~誕生学~」の講座を開催しました。

スタッフまりこです。

普段のUmiのいえは、大きくても幼稚園に入る前くらいのお子さんが数名いらっしゃる程度。
気持ちよさそうに眠るあかちゃんやよちよち歩きのお子さんが大半のUmiのいえとは大違い。
この日は、普段幼稚園や小学校に通うお兄さんお姉さんたちがたくさんきてくださいました。

「おかあさん、私ってどうやって生まれたの?」
お子さんがある程度の年齢になると、必ずと言っていいほど聞かれるこの質問。

お腹の中で、赤ちゃんがどうやって育つのか、そして、どうやって生まれてくるのか・・・
親子で一緒に学びました。



まずは絵を使って

重さもしっかりある赤ちゃん人形を使って、どうやって生まれるのか解説

先生の話を真剣に聴く小学生たち




情報があふれる今の時代、正しい情報だけでなく、間違った情報もたくさん入ってきます。
こういう場所で正しいことを、親子で学ぶ機会はなかなかないので、いい経験でした。

春休みならではの、「親子で聴く命のおはなし~誕生学~」講座。
普段は、大きいお子様が幼稚園や学校に行っている間、
「母のための男の子カラダ教室」を開催しています。
次回は5月17日(木)です。

「親子で聴く命のおはなし」担当の鈴木美香さんのブログは→こちら


ちなみに・・・この日は桜満開でした。
Umiのいえすぐ近く、平沼高校の桜がきれいでした!

2018年4月12日木曜日

3/27食育特別講座「行楽レシピ&桜餅の会」開催しました

食育講座講師の澤村美保です。

今年の桜の開花は例年より早く、春の行楽シーズンもこれからますます楽しくなりますね。そんな行楽日和にも持って行ける重ね煮レシピを作りました。

 メニューは、
1.いなりずし(重ね煮で作った具をちらしずしにして味付けした揚げにつつみました)
2.あさりのスープ
3.変わりコロッケ(油で揚げず、炒ったパン粉、のり、青のりの3種類で丸めました)
4.菜花の胡麻和え
5.桜もち(金時豆のあんこは甘さ控えめ)

今回は、つつむ、丸める、焼く、盛り付けなどなどの作業が多かったのですが、皆さんのチームワークであっという間に完成しました!!

いなりずし

コロッケの具は重ね煮で。これができれば応用ききます。


旬の菜花の胡麻和え

ころころコロッケ

桜餅の皮はイチゴでピンクにしています

みんなで手を合わせて「いただきます」
1歳のお子さんももぐもぐお母さんの分まで召し上がっていました。
みんなでいただくご飯はさらに美味しいのです。
離乳食のときから家族みんで一緒にいただく習慣をつければ、食べることに関心を持つようになります。子供は真似して育ちますので、楽しく食べる、よく噛む、いただきます・ごちそうさまの挨拶をする、などなど見せましょう。悪いことも真似されますからお気をつけて。

【今後の食育講座のお知らせ】
◎4/18「こどもの日レシピ&柏餅の会」キャンセル待ち受付中

◎5/12・5/31「重ね煮でイタリアン!?レシピの会」

◎6/9・6/12「梅仕事入門&梅料理の会

陰陽調和料理法による食育4回連続講座86期水曜コース
 5/9.5/23.6/6.6/20(水)

お待ちしています♪

4/6 堀内勁先生のお話会「おっぱいとごはん、子どもの力と親子の育ち」開催しました。

こんにちは。スタッフの英子です。

4/6(金)  堀内 勁先生のお話会


お話会に参加した近藤奈美さんが、感想を寄せてくれました。
ありがとうございました。



先生は子育てに一生懸命のお母さんたちが、ほっとできたり、はっとさせられる言葉の玉手箱の様です。

『子どもの力を信じる』
『子育てって適当でいい』
『子どもたちの力はもっと強い』


もっと、自由でいいんだなって、
教科書通りじゃなくていいんだなって、

自信が持てるような言葉のシャワーでした(^^)

子どもたちに過去や未来はなくて、過去や未来を考えるのは大人だけ。
瞬間瞬間をどれだけ豊かな時間にしてあげられるかが大切。


『今』を豊かにしておくと、豊かな過去ができて、それが豊かな未来をつくっていく。

・親はオーケストラの指揮者で、周りの協力してくれる人をうまく選んで使っていくんだよ。
出来ないことは、出来る人にお願いしていい。

とっても心に響いたお話。

自分だけで頑張ろうとすると行き詰まってしまうけど、周りに頼ってもいいんですよね。
きっとみんな助けてくれるから大丈夫。

肩の力を抜いて、適当に、楽しく子育て出来るお母さんたちが増えるといいなと思います。





先生のお話にふふっと笑ったり、
これでいいんだと腑に落ちたり、
想いが寄せてきて涙が出たり。

感じて、話して、また放して、何か受け取って。
すばらしい時間をありがとうございました。

堀内先生のお話会、
また次回をお楽しみに。



2018年4月9日月曜日

食育特別講座「作り置きできる重ね煮レシピの会」開催しました

スタッフ茜です。
食育特別講座、久しぶりの参加しました。
今回は「作り置きできる重ね煮レシピの会」。
約2時間であっという間に7品仕上がるという重ね煮さまさまの回でした。
復職するお母さんにも
おうちで子育てのお母さんにも
作り置きのレシピや術を知っておけば便利ですよね♪
それが重ね煮でできるなんて〜!
と思ったお母さんたちの申し込みが殺到、今回は追加開催が2回もありました!


メニュー
・もちきび入りお赤飯
・ゴマ塩
・野菜のスープ
・春巻き
・ひじきの煮物
・根菜の甘酢漬け
・大学芋




お赤飯はもちきび入りなので子どもと一緒に気兼ねなく食べられます。
そして中でも春巻きは大人気!
揚げなくてもとっても美味しいんですよ。

みんなで野菜を切って重ねていきます
これは野菜スープを作っているところです

お母さんの背中から
「何を切ってるのー?」

根菜の甘酢漬けを重ね煮しているところ
ガラスの鍋は中身が見えてわくわくします

春巻きの餡です
これも重ね煮であっと今にできました
この後子どもと一緒に巻き巻きしました

大学芋にタレを絡めているところです
ん〜いい匂い!
いい光景!

ゴマ塩はただ擦ればいいわけではありません
きちんとコツがいるんですよ
奥が深いです

あっという間に7品できあがってきました
配膳していきます

みんなでいただきまーす
春巻きが大人気!

完成
どれもこれも作り置きできてうれしいレシピです
そしてどれも美味しいんです

久しぶりに美保先生の講座に参加しましたが
大人にも子どもにも体に優しいレシピで
なにより重ね煮はスピーディーにできること。
これは子育てしているお母さんには本当に大助かりだなぁとしみじみ感じました。
日頃から重ね煮にはお世話になっていますが
今回教わった新しいレシピでまた日々楽しく、そしてちょっぴり適当に♪(いい意味でですよー)
重ね煮とおつきあいしていきたいと思います。


                               
今回の「作り置きできる重ね煮レシピの会」は復職するリピーターさんからのリクエストにお応えして企画いたしました。すぐに満席となり計3回開催することができました。
たくさんの方にご参加いただきまして嬉しいです。ありがとうございました。
今後も皆さんのご要望にもお応えして、簡単に美味しくできるレシピを提供していきたいと思います。
お料理することがますます楽しくなり、ご家族そろって美味しいご飯を食べて笑顔になりますように♪(講師:澤村美保)


3/30のご参加の皆さん


【今後の食育講座のお知らせ】
◎4/18「こどもの日レシピ&柏餅の会」キャンセル待ち受付中

◎5/12・5/31「重ね煮でイタリアン!?レシピの会」

陰陽調和料理法による食育4回連続講座86期水曜コース
 5/9.5/23.6/6.6/20(水)

お待ちしています♪