2018年5月5日土曜日

5/5 Umiのいえつうしん2号



届いてますか?【Umiのいえつうしん2号】 
いかがでしたでしょうか 

感想いただきました。
◆裏表紙の一言にぐっときました。
◆私は落ち込んだ時、悩んだ時に手に取ると不思議と解決の糸口を見つけられるページに出会える素敵な冊子
◆今回もとっても読みごたえがありました‼︎ 麻紀子さんは、子どものときのことを書いて下さって、ありがとうございます。
◆この1冊で生から死全てが詰まっていて、とても感慨深かったです。昔はひとつ屋根の下で人が生まれて、死んでいたんですよね。この1冊はまさにそれだなと。
ありがとうございます。
創刊号に引き続き、先生方の連載ページは、いのちのお話もりだくさん。
そして、2号特別寄稿は、
*不登校から社会人への道のり(虫はかせの山本くん)
*双子の兄弟(障がいと健常)の子育て(有馬さん)
*奄美大島の海岸で重油除去おそうじをしてきたお話(大井さん)
*死への旅立ちのお手伝いのお話(二木さん)
*病棟勤務ナースの葛藤のお話(さいこ)
*元・子どもの気持ち(看護学生さんたち)
などなど。
◆とりあえず購読
「創刊号+2号」1,496円
「2号のみ」848円で送ります。(送料込)
umi@umi.lar.jpへ 住所とともにメールください。
◆創刊号持っている方で、継続購読希望はぜひ賛助会員になってください!
年4号(2・3・4・5号)お届けします。1口3000円です。
宜しくお願いします!!

賛助会員のご案内 http://www.uminoie.org/p/blog-page_58.html

賛助会員申込フォーム 
https://docs.google.com/…/1wi1Co1ByVZGErPIRseinKgD9AjL…/edit
(まきこ)



0 件のコメント :

コメントを投稿