2018年8月5日日曜日

【予告】9/5 現代のマザーテレサ ロビンリムさん講演会




Believe in Mothers~Believe in Babies 
~陣痛がもたらすもの。そして、寄り添いとは~

インドネシア・バリ島にある「ブミセハット助産院」のロビン助産師が来日されることになり、京都、東京と講演にまわられ、そしてUmiのいえにもお立ち寄りいただく幸運に恵まれました。
ーーーーーーーーーーーー
「愛」に生きる。
そうでなければ、何のために生きるのでしょう?
ーーーーーーーーーーーー
というロビンさんの問いかけを、胸に刻みたい。
日本のお産は極めて周産期死亡率が低い。それは素晴らしく誇らしいことであり、大変ありがたいことです。
でも、産む人も、助ける人も、安心しているでしょうか?
愛は満ちているでしょうか?
本来の力は発揮出来ているでしょうか?
「陣痛がもたらすもの」とは
「寄り添い」とはなんでしょうか?
この度、ロビンさんの軌跡をたどり、
今一度、みなさんと、お産における豊かさとは何かを考えてみたいのです。
お産は原点。
根を持つことに戻りましょう。


【日時】9月5日(水)10:00~12:30 
【会場】ラゾーナ川崎プラザソル (ラゾーナ川崎プラザ5F)
【アクセス】 JR川崎駅直結徒歩5分   http://www.plazasol.jp/map.html 
JR川崎駅改札を出て西側へ。ラゾーナ川崎プラザ入口があります。建物内に入らず、左寄りから中庭の広場へすすむ。広場に入って少し行った右側のエレベーターで5Fへ。広いエントランスの先を右折。左側に見える扉の先にあります。改札よりホール入口まで徒歩約5分です。

【参加費】2000円+税 
【交流会】終了後1時間ほど、サンドイッチ立食会致します。参加費別途
【対象】どなたでも 
【後援】一般社団法人アースカンパニー/筑波大学医学医療系国際看護学

【ロビン・リム – プロフィール】
まずはこちらをご覧ください。 
https://www.youtube.com/watch?v=o5wa_xAU3z0
続いてこちらをご覧ください。 
http://www.earthcompany.info/ja/robin/
1956年アメリカ生まれ。アメリカとフィリピンに育つ。助産師、8児の母。
1995年インドネシアにYayasan Bumi Sehat(ヤヤサン・ブミ・セハット)設立。「Yayasan」は非営利、「Bumi」は母なる地球、「Sehat」は健康という意味。産前、出産、医療ケアを、無償で提供してきた。
ブミ・セハットが提供している患者のケア、教育、人的サービスは、年間5万件以上。
2011年、「CNNヒーロー・オブ・ジ・イヤー」受賞。インドネシアでの高い周産期死亡率低減に向けた献身的な活動と実績が評価された。「Ibu(マザー)・ロビン」として、広く知られる。
著書20冊。英語、インドネシア語、イタリア語、スペイン語で出版されています。
「赤ちゃんの地球でのはじめての呼吸は、すべて、平和と愛の呼吸になれます。お母さんはみんな、健康で、強くあるべきです。すべてのお産は安全で、愛に満ちたものになれます。でも、私たちの世界は、まだ道半ばです」。(同賞受賞スピーチより)
こんな言葉もあります
「お母さんたちと、赤ちゃんたちが、教えてくれたんです。この世界は、守る価値がある、って。」

★前夜は、こちらの会がございます。
9/4(火)
<お産道場>「助産のオーガズム」ゲスト:福岡より 助産師 信友智子さん  https://coubic.com/uminoie/250767









0 件のコメント :

コメントを投稿