2019年1月31日木曜日

2月は小児がんを知ろう月間@Umiのいえ  絵画展開催します!

あっという間の1月だった・・・と思っている方が多いと思いますが、(わたし自身も含めて)いよいよ明日から2月ですね!
ということで、しつこいようですが。。。
2月15日は「世界小児がんデー」です!
小児がんを知ろう月間@Umiのいえ の2月がはじまります。

昨日は、小児がんを知ろう絵画展の設営をしました。
今回は2コーナー構成となっております。
まず1つ目は去年の「しあわせのはじまり」にも出展してくださいました「みんなのレモネードの会」会長のえいしましろうくん作の紙芝居の原画パネルコーナー。
2つ目は、がんの子どもを守る会主催の「がんの子どもたちの絵画展」で展示した作品です。今回はしろうくんと、スタッフいだのムスコ裕太の作品です。

設営はしろうくんのお母さまと、井田とでやったのですが、しろうくんのお母さまがとっても手際よく、しかもキレイにやって下さってとっても助かっちゃいました(笑)
しかも!!いろいろかわいいデコレーション素材や、POPをご持参くださったので、とってもPOPで明るくかわいらしい展示になりました。
明るくPOPにわかりやすく小児がんをしっていただける展示になっております。
みなさん、どうぞお気軽にご覧いただけたらと思います。



絵画展全体です!


「みんなのレモネードの会」会長のしろうくん。
学校が終わった後に、見に来てくれました!
自作のパネルの前でハイポーズ!
力作なのでみなさん、じっくりご覧くださいね!


画面真ん中の赤いノートは感想ノートです。
ご覧になった後はひと言をいただけるとうれしいです


もちろんこちらの絵画展は入場無料です。
受講される講座の前後はもちろん、絵画展のみで来ていただけたらなおさらうれしいです。
ただその場合午後はスタッフが不在の場合もございますので、ご一報いただけますと安心かと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

私事ですが、2月5日がムスコ裕太の命日です。
その2月に国際小児がんデーがあるというのも、なんとも、なんとも・・・と。
ムスコの存在力の強さがすごい!!と親バカ的に思えてやまない毎年のことなのでした。
ちなみに・・・Umiのいえつうしんの第一号に裕太への思いをつづっております。よろしければ一読いただけると幸いです。

それでは、みなさんのご来場を心よりお待ち申し上げております。
スタッフ 井田正美



2019年1月25日金曜日

1/23 ちくちくの会 愛を伝える背守り刺繍タオルを作ろう〜その①

子どもの着物の背に刺繍をする日本の文化「背守り」
魔除けであり、健やかな成長の祈りです。
刺繍、うーん、できるかなぁ。こどもいるのに針もてるかなぁと心配してたけど、
できちゃった!
カンタンだった!
集中できて、達成感が気持ちいい〜
そんな声が聞こえてきます。
棒田さんの、背守り刺繍 ちくちくの会。毎月一回開催してます。




1/23 ちくちくお茶会 愛を伝える背守り刺繍タオルを作ろう〜その②


お兄ちゃんお姉ちゃんも、針仕事をしてみました。頑張ったね!







1/23 秦さんのここちよい暮らしの知恵講座”キムチ作り”開催しました〜! 

1/23 キムチ作り
とっても食欲そそるいい香り。
自分で持ち帰るキムチを作ってみたあとは、みんなでキムチ鍋の試食。辛すぎず、子どもたちも、喜んで食べてくれました。
秦さんのここちよい暮らしの知恵講座は、ぬか床作り、味噌作りを予定してますよー。
第三日曜日は、旬のおかず作り講座もあります。

みんなで作って食べる。
今更聞けない調理のことあれこれも、遠慮なく聞けるから、ぶきっちょさんも、料理をあまりしてこなかった人も、安心して参加してみてね!










【篠×かめ特別企画】 人生の楽しみ上手になる表現遊びの会 記念すべき第一回目が開催されました!

とっても楽しかったですー!
【篠×かめ特別企画】
人生の楽しみ上手になる表現遊びの会
記念すべき第一回目が開催されました!
ぱふぱふどんどん。
頂く感想が、みなさんのたのしかったー!で満ちていたこの会。
ちょっと変わった自己紹介から、はい次!はい次!とどんどん身体もろともワークに突入。
考えたり悩んだりしてる暇はありません。
できるできないもどちらでもよくて、いつのまにかあちこちから笑い声。
なんだろう、とにかく楽しい!
やってみる、やってみる、やってみる、の連続。
表現って?なんてのはとっくに脇に追いやられ、きゃーきゃー大人が楽しいおもしろい!と笑って仕掛けて受け取って。
こんな純粋なコミュニケーション、いつぶりだろう?
音を奏でるように、言いたいことを言葉にして輪になるワークでは、
ネガティブが笑いに変わる。
言いたいことすぎて文句も入っているのに、
輪唱のように重なりあって、もう最後には何言ってるんだか聴こえないのに、
誰に聴いてもらって、誰に受け取ってもらったんだか、なのに、スッキリ。
こんな誰も悪者にならない出し方、受け取り方もあるのか!と目からウロコな体験でした。
皆様の感想をご紹介。
・のびやかに参加できた
・あそんだー!
・あっという間!みんな女優!(←そんなみんながお腹を抱えて笑っちゃうワークがあったんです)
・定期的にやってください!
・鏡ワーク、自己紹介、を家でもやりたい。
・たのしかったー!
・教わるつもりできたけど、自分が身体を動かしてたのしんだ!楽しくいきられるんだ!しかも肩凝りよくなりました
・行きたいけど実はできるか心配だった。けど、普通に参加してた!おどろいた。最近わらえなかったけど、久しぶりに笑った
・身体動かしてきもちよかった!
・笑いすぎて顔がいたいーすごいたのしかった!
・普段からわらおう。たのしかったー!
・エネルギーがわいてくる。大事ー!
さぁさぁ来月もありますよ!
一緒に遊びましょう!
そして。シーズン的に前日当日にどどっとキャンセルが入ります。
どうぞ満席でもあきらめず、チェックして滑り込んでくださいねー!
https://coubic.com/uminoie/395358
スタッフまいこ








1/24かめおかゆみこさんの聴くを磨く体験講座でした。

いま自分がもてるものをこの世界に差し出していく。
1/24かめおかゆみこさんの聴くを磨く体験講座でした。
人の内側にある様々な感情のなかに、
「怖さ」があって、
そう思うに至る経験がそれぞれにあって、
その上で、意識的にしろ、無意識にしろ、
望む世界、と言うものが存在していて。
聴くことが怖い、と言う参加された方の言葉。
深いなぁと感じました。
聴けない、聴きたい、その奥にあるものは?
ひっかかるものがある、違和感がある、ではそこに押し込めている自分自身とは?
怖さ、は宝箱の鍵みたいですね。
本人は隠しているつもりな「そのままの自分」
このまま出したら「なんだか不都合なこと」が起こったかもしれないけれど。
そんなすべてを内包して、
そして、それでも。
見せていく。
いま自分がもてるものをこの世界に、差し出していく。
かめさんのその真摯な言葉と、
在り方。
なんて内容の体験講座なんだー!
と心のなかで、
のたうち回っていたスタッフまいこ、でした。
おもしろい方の今日のヒットは、
参加された方の
「ずっと頷いて聴いてると酔ってきて、ずっと目をみてたら目が疲れる」
お腹を抱えて笑わせて頂きました。
人間っておもしろいなぁ。
隠したり合わせたりではなく、
そのままで織り合う。
そんな世界へ。
「聴く」をもって行きましょうか。

2019年1月24日木曜日

ひかりとかげ。

おひさまがぽかぽか
おひさまは、光と影を作ります。
影を光にしようとはしないし
光を影にしようとはしない。
影はかげのままで
光はひかりのままで
どちらも必要。
どちらも大事。
あなたはあなたのままで
私はわたしのままで
大嫌い、もあっていい
大好き、もあっていい。
今、どんな気持ちか感じてみよう。
ほっと一息、ついてくださいね。
トランスパレントスター
光にかざすとそれまで見えなかった重なりが見えて美しい

ハンドメイドの会で作れます。

ふかふかの座布団。幸せ。

お茶でも飲んでゆっくりしましょ。
スタッフS

1/24(木) 色とりどりハンドメイドの会 ローズウィンドウづくり 開催しました

1/24(木)
色とりどりハンドメイドの会
ローズウィンドウづくり
開催しました



たくさんの色の中から
選んで、折って、切って、貼って。



太陽に透かすと美しい模様が浮かぶ。
綺麗。可愛い。美しい。



美しいものを見るのは癒されますね。
それが自分の手で作れるのは嬉しいです。

毎日毎日、
ご飯作って洗濯して掃除して
くたびれちゃうよ...と思うけど、
こんな美しいものを見ると
少し心がほっとします。

忙しくて息が詰まるような日々に
「ふぅ~」と息つく時間をくれます。

ハンドメイドの会は、子育てで忙しいママにこそやって欲しいなぁって思います。一緒に手を動かしましょう❣️
次回は2/12(火)遊び紐をつくろう

講師 西岡妙子さんのブログはこちら
てしごとはじめのいっぽ

今後の予定はこちら

スタッフS

2019年1月22日火曜日

こどもホスピスってなんだろう?? 2/15「いのちの歌」~横浜こどもホスピスプロジェクト& 小児がんの子どもと家族を支えよう  チャリティーコンサート

2/15「いのちの歌」~横浜こどもホスピスプロジェクト&

小児がんの子どもと家族を支えようチャリティーコンサート
@Umiのいえ

??こどもホスピスってなんだろう??
子どもホスピスは、「小児緩和ケア」を提供する場所で、成長・発達をささえる場所です。
子どもが病気や入院によって遊びややりたいことを制限されること、学校や友達と離れて淋しい思いをすることも、大きな痛みとなります。
子どもホスピスは、これらのあらゆる苦痛を和らげることを目的としています。

大人向けのホスピスは最近は増えてきていますが、小児専門のホスピスは日本では大阪にしかありません。
その小児専門のホスピスを横浜につくろう!いうプロジェクトが

わたし自身、ムスコの終末期を経験しました。
病院のご好意でムスコのベットのとなりにベットを置いてもらい、約1か月くらい病院で寝泊まりしていました。
治療で改善して、退院、外泊していく子どもたちがほとんどの中、回復が見込まれないのは我が子だけ・・・それを思ったら泣けてきて、看護師さんに話を聞いてもらったりしていましたね~~
もし当時にこどもホスピスがあったら、どうだったんだろう??と想像してしまいます。

こどもの入院は入院している患児だけではなく、両親、きょうだい、祖父母、そしてお友達も巻き込みます。(もちろん大人も同じではありますが)
そして病院のほとんどは乳幼児、学童の面会は禁止。
大好きなきょうだいにずっと会えずに最期の姿と対面する。。ということが多いのです。
どんな子どもも、最期まで子どもらしく、そして家族といっしょに過ごせることができたら。。。
患児本人のこどもも、家族も笑顔が増えると思います。

いろんな子どもたち、家族ががいます。
今も「おうちに帰りたい。。。」と思いながら入院しているこどもたち、そして付き添っている家族がいて、家で待っているきょうだい、家族がいる。。。
そのことを知っていただけたらと思います。

2/15のチャリティーコンサートは
横浜こどもホスピスプロジェクトを知ってもらうのと同時に、ホスピス設立のお手伝いをしよう!!という目的があります。
みなさまのお気持ちが必要です!!

2/15「いのちの歌」~横浜こどもホスピスプロジェクト&
小児がんの子どもと家族を支えよう
チャリティーコンサート@Umiのいえ

↓↓お申込みはこちら↓↓


とはいえ、難しいことは考えずに、美しい音楽、音色を聴いて、そしてみんなで歌って気持ちを晴れやかにしていただけたらと思います。
みなさんと2/15にお会いできるのを心よりお待ちしております。
いだまさみ




2019年1月18日金曜日

おそうじ学校講師養成講座 第6期 5日目レポート

おそうじ学校講師養成講座
第6期 5日目レポート
〜エコよりもニコッ!〜
5日目は、がんこ本舗の商品説明です。
この会は、何度聞いてもためになる会になるため、卒業生の再受講率も高い会となっています。
おそうじ学校養成講座を受講される方には、
がんこ本舗の商品がご自宅に届きます。
ほぼ、全商品。
知っているものから、知らないかもしれないものまでおそうじ・お洗濯に関する商品が届きます。
その一つ一つの商品の
出来た経緯や利用方法、成分まで、
ほとんど包み隠さず教えてくれます。
それは、この商品でおそうじを楽しんでほしい。
洗剤を使わなくてもおそうじができるように
考えてつくられた思いも伝えていきます。
私は、1期生ですが未だに新事実を聞くことがあります。
そして、学びを深め商品を使ってみたからこそ
わかることも出てきました。
その学びが、とても楽しく思います。
商品説明の後は、次回から始まるデモ講座を
先輩認定講師よるデモ講座を受講します。
このおそうじ学校養成講座の
卒業試験は、ご自身がこれから行っていく
講座の基礎をまとめた、デモ講座を発表していただくこと。
おそうじ学校が伝えたい思いや、
なぜ実験を行うのかを理解し
お伝えしていただく役割を担うのが
認定講師です。
ですが、いきなりやれと言われても
そう簡単にできるものではありません。
なので、卒業生が30分の講座を見せてくれます。
今回は、1期の卒業生でもある、
おそうじ学校の講師 もりちゃんのデモ講座です。
マジックと消しゴムで剥離の実験や
口紅を使った油の実験。
そして、水の大切さや
無理なおそうじをするのではなく
毎日を少し楽に過ごすちょこっとおそうじのポイントなど
繰り返し、講座を行ってきたからこそ
受講された方の質問や変化なども踏まえて
惜しみなく教えてくださいました。
人前で話すというのはとても大変なことですが、
ここで学んできたことと、
自分の大切にしたいことや
自分は誰に、何を伝えたいかを
解いていくいい期間になっていくと思います。
次回のおそうじ学校も
楽しみにしていてください。
そして、7期のおそうじ学校認定講師養成講座の
募集も始まっていますので
気になる方は、ぜひ問い合わせしてみてくださいね。
サイトウマスコ








1/14 青木将幸さんの「深い学びを促進するファシリテーション講座」を開催しました。

【教育にファシリテーションを】
1/14 Umiのいえにて、
青木将幸さんの「深い学びを促進するファシリテーション講座」を開催しました。
目的を目的としないことを、やってみるとどうなるだろう。
呼吸と共に歩いてみた。
ゆっくりゆっくりと。
だだそれだけで、気づきはおこる。
その人のペースで、ふっと沸きたったり、腑に落ちたり。
気づかされるのではなく、自ずと気づく。
与えられたのではなく、自分で掴んだことは、一生モノになったりする。
即興で繋ぐファシリーテションを教育に活かすとどうなるのだろう。
どうしたらできるのだろう。
どんな技術がいるのだろうか?
教師、講師、ワークショップの作り手の皆さん。
たぶんきっと、この講座に、教わることを目的に集まったと思います。
でも、講師のマーキーからは、なんの誘導もない。
何かを教えてくれるわけでもない。
ただ、「何を深めたいですか?」という問いだけでした。
そして、ぽつりぽつりと、語り出した。
保護者の立場や、授業を受ける立場の気持ちも
教育現場でおきているやりにくさや危惧していることも、
職種や立場を超えて、深く深く語り合う会になっていった。
コントロールのない世界。
自由で、何がおこるかわからない。
時間は刻々とすすむ。
でも、ファシリーテーターのマーキーはどっしりとしている。
地蔵のようにどっしりと場を鎮め、
静かにみんなの声に耳を傾けている。
みんなを信じてる。
みんなの場に任せている。
ファシリーテーションのノウハウ云々以前に、
まずは自分のあり方が問われるのだと、どこからか、受け取るモードが変わっていった。
「深い学びの場」は、
浅はかな自分では作れない。
まずは、肚の座り。待てる力。
それに尽きるのですよね。
新しい時代がくる。
教育も変わる。
多様な個性と価値観を尊重しつつ、
主体的になり、ときには一体となり、
自由であり、チャレンジすることも歓迎する。
そんな学び舎をつくるのは、とてもとても難しいことだ。
自主性と即興の学びだけでなく、
やる意味がわからなくてもやり続けさせる「型」も必要だ。
しめること、ゆるめること、
教育にはどちらも必要
そのタイミングを察する「たおやかさ」を磨くことが、何より大事なことなんだ。
さあて、集まった人たち。
一日共にして一期一会の同級生。
この先、それぞれ、どんなことがおこるか、お互い楽しみですね。
















剣術ワークショップ

昼間は女性ばかりですけど、剣術ワークショップのときは、男性大勢で、いつもとは違うエネルギーで充満。
おかげさまで、Umiのいえの場が育ちます。
この日は地味に、身体を練っていきました。ものすごい真剣に集中し、軸を研ぎ澄ました時間でした。
次回は3/11午後と夜です。

2月15日は「世界小児がんデー」です!小児がんを知ろう月間@Umiのいえ


2/15「いのちの歌」~横浜こどもホスピスプロジェクト&
小児がんの子どもと家族を支えよう 
チャリティーコンサート@Umiのいえ

開催いたします~~
それにともない、小児がんをみなさんに知っていただきたい!という思いで、2月は小児がんを知ろう月間。2月上旬より小児がんサバイバーで「みんなのレモネードの会」の会長しろうくんの手作り紙芝居「ぼくはレモネードやさん」のパネル展示も開催します!
そして、ひっそりスタッフ井田のムスコ裕太の作品も展示させていただきます。
しろうくんのように、治癒して元気にしているお子さんが多くなっていますが、ムスコのように残念ながら亡くなるお子さんも少なくありません。それが小児がんの現実ですので、そのどちらも知っていただけたら幸いです。


みんなのレモネードの会 
会長 栄島四郎(えいしましろう) 横浜市立平沼小学校5年
ぼくは3歳の時に脳腫瘍という小児がんになりました。ぼくは治ったけど、治療法のない小児がんもあります。
治療法がない小児がんを治せるようにしてほしい。そういう思いでレモネードスタンドをやっています。どうぞご協力ください。
一緒にレモネードスタンドをやりませんか?


みんなのレモネードの会

小児がん経験者の男の子(当時9歳)とその家族が「小児がんのことをもっと知ってほしい」「患児や患児家族が繋がりたい」と
2016年12月に横浜で立ち上げた会です。
レモネードスタンドを通して小児がんについて広く知ってもらう活動や
患児や家族の交流会を開催。
その他、小児がん病棟へのクリスマスプレゼント配布、
小児がん研究団体や患者会などへの支援を行っています。
https://minnanolemonade.jimdo.com



しろう会長、おともだちたちでレモネードスタンドを開催しています


しろうくん自作の「ぼくはレモネードやさん」原画です!
この作品をパネル展示します!

3歳のころの自分、そして現在の自分。そしてきょうだい、家族のことまで
しっかり描いてあり
驚きました!!
みなさんにぜひご覧いただきたいです!!



2/15のコンサートもお申込みは下記サイトからお申込みください
↓↓
【日時】2月15日(金)13:30~15:00
【参加費】1000円からのご寄付をお願いします。 (ご寄付は「横浜こどもホスピスプロジェクト」ならびに「みんなのレモネードの会」に寄付させていただきます)


みんなで松木マリア先生の美しい歌唱を聞き、そして歌って笑顔になりましょう~~
そしてしろうくんとムスコの作品を見ていただけたら幸いです♡♡
作品展示は2月上旬から開催予定です。
お気軽にお立ち寄りくださいね!

2019年1月16日水曜日

1/11(金)シュタイナー子育てからヒントをもらうお話会~のびのび育つ 個性と才能の根っこ~ を開催しました。

スタッフ茜です。
1/11(金)シュタイナー子育てからヒントをもらうお話会~のびのび育つ 個性と才能の根っこ~
を開催しました。
毎回人気のこの講座、ようやく参加することができました。

シュタイナーの世界
シュタイナーという言葉に興味があり参加しましたが


『シュタイナー』に囚われず
多くのお母さんに聞いてほしい講座だなぁと思いました。

情報過多な現代
子どもにどのような世界を見せてあげればいいのか
何をしてあげればいいのか。

講師の西村さん、西岡さんは
子ども時代をのんびり子供らしく育てる事が大事なのではないかと答えてくれました。

毎日同じが大事。
リズムを崩さない。
それが子どもたちの安心した未来へつながる。

参加者のみなさんの意見を吸い上げ
みなさんに応えていく形式でしたが
共感する内容ばかりでした。

子どもたちには自由であってほしい
けれども親の私達はこうなってほしいと押し付けてしまう時もある。

今までの子育てを後悔して自分を責めるのではなくて
これからこの子たちとどう向き合っていこうか。
そのためのヒントと考えるきっかけをたくさんもらえた会でした。

ちなみにスタッフ茜、我が家の悩みは
現在3歳の息子がすぐに「嫌!だめ」と言うこと。
本心じゃなくてただ発しているだけの時もあります。
わっかっちゃいるけど、自分に余裕のないときは感情的に返してしまう時もあります。

これに関しては言わなくてもいい環境をつくってあげるのはどうか?
ほうほう、環境。
具体案を出して頂きましたが参考になりました。
環境を整えてあげるというのは子のためだけではなくて親の私達にも大切な事だと感じました。

シュタイナーお話会次回以降のご案内です。
第4回 2月27日(水)10:30〜12:30
第5回 3月6日(水)10:30〜12:30
ご予約はコチラ↓
https://coubic.com/uminoie/130177
是非ご参加ください。 @ NPO法人 Umiのいえ




2019年1月12日土曜日

1/9(水) Namima yoga 開催しました!


スタッフなみです。 11月からスタートしたヨガクラス。
お子様連れ(何人でも)、マタニティの方、お一人様、どんな方でも大歓迎✨
この日はポカポカのリビングで、陽の光を浴びながら動いていきましたよ〜
ゆっくりじっくり動かすと、身体のクセや内側で起きている事への意識が向きやすくなるのです。
『左側の方が動かしやすいなぁ〜。脇腹があったかくなってきたなぁ〜。ここが伸びると気持ちがいい〜!』
自分をとことん感じる時間です。


普段無意識にしていることを、意識化することが大切。
無意識にしている呼吸を、意識してゆっくり、ふかーくしてみたり。
無意識に酷使している足裏や、足指をじーっくり観察して動かしてみたり🦶


童謡に合わせた楽しい動きもありますよ✨
これはアイアイを歌いながら耳のマッサージをしているところです🙉


雰囲気や参加者の方に合わせて内容をコーディネートしていきます。
是非お気軽に、ご参加くださいね!
ヨガマットは用意があるので手ぶらでOKです🙆‍♀️


次回 1/25(金)10:30〜11:30
https://coubic.com/uminoie/263231





2019年1月11日金曜日

おそうじ学校 3日目が開催されました!

おそうじ学校講師養成講座
第6期 3日目レポート
H30年11月8日、晴れた日に
おそうじ学校 3日目が開催されました。
今回は、汚れを知ることを中心に
ナチュラル洗剤の種類と特性を勉強しました。
そして、重曹・過炭酸ナトリウム・クエン酸や
酸性・アルカリ性の知識をおそうじに生かすための基礎的な知識を学びます。
汚れ…
というだけでも、いろんな種類がある。
その汚れを落とす時に役に立つのが
3日目のこの講座です。
知っているようで、詳しくまではわからない
ナチュラル洗剤を使ってのおそうじと、
一緒に「海へ」や「森と」の洗剤を
組み合わせることでおそうじの方法が広がります。
そして、その知識と洗剤を利用して、
〜トイレちゃんをおそうじしてみよう〜
みんなでいつも利用しているトイレの
スペシャルケアをしました。
このスペシャルケアをすることで
トイレはピッカピカに輝き
日頃のおそうじを少し楽にできます。
〜窓、窓まわりをおそうじしてみよう〜
食器用洗剤の「森と」を使って、窓そうじを
しました。
森と、コレカラのフキン、スクイージーなどを使い窓をおそうじ。
森とは泡立たず、汚れを浮かしてくれるので
おそうじにも最適。
スクイージーの使い方はなれが必要ですが
浮いた汚れをひとかきしてくれ、
窓もピッカピカ。
外はもちろんですが、意外と内側も汚れているのでみんなでおそうじをしました。
これから、まだまだ寒い季節。
おそうじが少しでも楽しくできるように
そして、どんなおそうじグッズでも
エコよりニコッ。でおそうじが楽しめるように。
おそうじ学校は続いていきます。