子育て中の方へ 


お産と子育ては、代々、女から女へ経験と知恵を伝え支えてきたものでした。
情報と物が氾濫する現代でも、「伝承」という本来の形を大切にしていきたい、
ちょっと先に母になった人が、次の女性たちを応援する場でありたいと思います。
初めてお会いする方でも、母同士。
迷いや悲しみや痛みを超えた人が、その渦中にいる人の心に寄り添えるはずです。
どうぞご縁をお楽しみください。


Umiのいえには、様々な講座、レッスンのメニューがあります。
しかし、これらの知識や技術がないと子育てできないわけではありません。
何をしなくても、子は育ちますね。
大切なのは、マニュアルや形ではなくて、
「私にとって、この子にとって、本当に必要なこと、不必要なことは何か」を自問自答していくことです。 
どうぞ、講師や参加者同士の語らい中でヒントを得て、自分らしい選択にお役立てください。

道具も食も情報も、便利なもので溢れかえっているけれど、
子どもは、予定どおり理想通りにはいかない自由な存在。
目の前にいるその大自然にあらがえず、
待つこと、信じること、籠ること、手間をかけること、人に頼ることなど、
親の宿題はずっと続きます。
大変だけれども、それが、子どもからいただくギフトですものね。

共感しあえることが、きっとみつかる。
どうぞ、親子でよい出会いを!                






子どもと一緒に
お子様連れでの参加はいつでも歓迎です。(一部の講座で不可)
出産後まもなくの方でもマタニティの方でも、どんな方でもOK!
講座中は、子どもたちはそこにいるみんなの子どもたち。
安心してお互いの子どもを見守りましょう。
追いかけたりしなくてOK!でも、手放しすぎず、いい塩梅で。
誤飲やけがの無い様にご注意下さいね。自己責任でお願いします。
ちょっと赤ちゃんを抱っこしてほしい時、手を借りたいときは、お気軽にスタッフにお声かけくださいね!

子どもと一緒に快適に 


・畳のお部屋ですので、ねんねやハイハイの赤ちゃんも、くつろいでいただけます。
・授乳やおむつ換えは遠慮なくいつでもどうぞ。お家のように添い寝授乳もできます。
・ミルクのかたは、お湯のご用意があります。
・電子レンジもあります。 
・服を汚してしまったとき用に、中古のこども服貸し出しあります。 
・ゴミはお持ち帰りください。・おやつ、離乳食、飲み物はご自由にご持参ください。ただし、アレルギーをお持ちのお子さんもいらっしゃるので、お菓子が目に付かないような配慮をお願い致します。
・感染症の病気の疑いがあるときは、ご来場をご遠慮くださいますよう、お願い致します。 
・ベビーカーは、1階階段下に並べて置いて下さいね。
ただし、保管監視はできませんので、ご了承ください。
Umiのいえは、エレベーター無しの4Fです。ご不便かけますが、のんびり上がっていらしてください。ふーふー階段あがっていただくと、きっといいことありますよ!
お困りのことがあれば、お手伝いに1階へ向かいますので、お電話くださいね。


子どもも学びます 
小さな子にとって、ちょっと大きい子は、あこがれの存在です。
遊び方、トイレ、食べ方、見ているだけで刺激いっぱい。
大きな子にとって、小さな子は、思いやりをもたせてくれる存在です。
月齢を越えた子供同士のふれあいを、お母さんたちは、手を出しすぎずに見守りあいましょう。
講座中はちょっとたいくつにさせてしまいますが、それも学習の一つ。
大人たちが大切なお話をしているとき、「静かにして待つ」という体験をします。
終わったときには、「待っていてくれて、つきあってくれてありがとう。おかげで、お母さんお勉強ができたよ」と、
感謝の気持ちをお子さんにお伝えしてください。(赤ちゃんにも!)
そのことによって、「待つ」「いつか終わる」「感謝される」「ほめられる」も味わうことができますね。
お母さんが人の話に耳を傾けること、手仕事をすること、笑いあったり、励ましあったり、こんにちは、さようなら、ありがとう、そのすべてのコミュニケーションを、こどもたちは吸収していきます。 
穏やかで優しい空間を、みんなで作っていきましょう。 


0 件のコメント :

コメントを投稿